優越感を刺激して集客する【ランク会員カード】

ランク会員カード

以前、「飲食店の販促は基本的には話題作りでコミュニケーションを取ったり、お客様の気を引くきっかけですよ!」「割引きしないとお客様が来ないお店作りはしないでくださいね!」という話をして、販促の本質を理解して頂いたという前提で、また販促方法の例を挙げてみます。販促アイデアその15です。

ランクアップする会員カード

リピート客の来店頻度が高い比較的に低単価なお店に向いてる販促方法です。

来店するたびに会員カードにポイントを貯めて、いっぱいになったら次はワンランク上の会員カードを渡し、ランクが高いカードに見合った特典をサービスを提供する販促方法。

例)

  • エコノミーカード…ドリンク一杯無料
  • シルバーカード…デザート一品無料
  • ゴールドカード…前菜一品無料
  • プラチナカード…お食事コース(セット)一人前無料

サービス内容は適当に考えましたが、お店の業態や何個分のポイントでカードがランクアップするかなどを考慮して、検討してみてもらえたらいいと思います。

定期的に通うような定食屋居酒屋カフェダイニングバーなどカジュアルなお店が向いてますね。年間利用金額でランク分けするクレジットカードみたいなイメージをして下さい。

ゴールド会員やプラチナ会員といったら、お連れ様と一緒の時のちょっとした小ネタにもなりますし、優越感をくすぐれたりもします。

販促のポイント

この販促自体は、どこかの業界のものをただ真似しているだけにも思えますが、それぞれ発行しているカードの発行部数や回収枚数などを把握しておくと、自分のお店の現在の顧客管理にも役に立ちます。

客層をある程度数値化できれば、売上が落ち込んだ時に強化しなくてはいけないポイントが具体的に見えてきます。そこからメニューや接客サービスなどのお店独自の対策を練ればいいわけですね。