30分飲み放題の「半べろ」

飲み放題

最近、自宅の最寄り駅にできた新しい居酒屋が「ハイボール30分飲み放題500円」という謳い文句で繁盛していたので気になっていたのですが、調べてみたら「30分飲み放題」って都内ではすでにけっこう流行っているんですね。

消費税も上がったし、サクッと飲んでちゃんと早く帰りたい......。そんな、働く男たち - Yahoo!ニュース(週プレNEWS)

出典元:YAHOO!JAPANニュース

30分飲み放題がワンコインで成り立つわけ

繁華街を歩いていると「○○酒場」といったネーミングで格安料金で短時間(30分~1時間)の「飲み放題」をやっている飲食店が増えてきているなぁ、と感じていましたが、千円でべろべろに酔える「せんべろ」に対して、500円でべろべろに酔える「半べろ」という言葉があるのを知りませんでした。

「どうやって採算を合わせられるんだろう?」と思いますよね?カラクリは「セルフサービス」「大手飲料メーカーの価格競争の激化」あたりみたいですね。

提供ドリンクを制限してできるだけ原価を抑えて(飲料メーカーも必死だから安売りしてる)、同じグラスを使ってもらい、セルフサービスにする。しかもほとんどのお客様が結果的に30分以上滞在して延長料金を払う。

「小さな個人経営の飲食店ができる販促ではないかな」と思いましたが、カラクリを聞いてみると立地条件と業態によっては個人店でも利用できる販促かもしれませんね。

丸亀製麺の飲み放題

チェーン店だと飲み放題のイメージがあまりない丸亀製麺が「30分1000円で生ビール、ハイボール、レモンチューハイ、焼酎(麦・芋)が飲み放題+うどんセット」というメニューを提供しているようです。

こちらのサービスは都内で試験的に導入していて、実施している店舗(以前提供していたがすでに終了している店舗)は、公式ホームページで確認できないので、「丸亀製麺 飲み放題 実施店舗」などで最新情報を掲載しているサイトをチェックすると良いかもしれません。(もしくは直接丸亀製麺に問い合わせる)

その他にも大手飲食チェーン店で「時短飲み放題メニュー」を提供しているお店はいくつもあるようですが、現在は試験的に導入されていて公には発表されていないことが多いみたいですね。

個人的には「これからは時短飲み放題の実施店舗が増えていくのでは?」と予想しています。時代の変化はホントに早いですからねぇ。