お店の情報を掲載するネット媒体の特徴

ノートパソコンの画像

お店の情報を発信するために使う媒体は色々とありますが、大きく分けてホームページなどネットを利用したオンラインの媒体と、チラシなどの紙媒体のものがあります。それぞれの特徴に合わせて有効に活用しましょう。今回はオンラインのネット媒体について説明します。

情報発信できる媒体について考えましょう

  • ホームページ
  • SNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ライン@)
  • ブログ
  • 有料広告サイト(食べログ、ぐるなび)
  • 折り込み広告
  • チラシ配り
  • ポスティング
  • 店頭リーフレット

ここでは8つの媒体を取り上げます。リストの上4つはネット媒体、下4つは紙媒体ですね。

2回に分けて説明します。今回はネット媒体についてです。

ホームページ

お客様に認知してもらうだけなら、他の媒体を利用しているから必要ないんじゃないか?と言う人もいます。確かにそれだけなら必要ないかもしれません。

しかし、情報発信する理由は認知されるためだけではありません。お店の価値をより多くの人に伝えるためです。そのことを理解していないと、いくら集客活動を頑張ってもお客様は来店しません。

前回、お客様が来店する動機になる17つの価値についてお話ししましたが、その情報をホームページ以外の他の媒体で伝えきれるか、と言えばむずかしいと思います。(ホームページ風に作成したブログは別かもしれません。)

ですので、他の媒体で情報発信していたとしても、ホームページは必須になります。

他の媒体と違い、お客様の使い勝手やお店のブランディングなど、自由にデザインできて尚かつ掲載できる情報量はほぼ無制限ですから、使わない手はないと思います。

デメリットとしてパソコンに詳しくない人には、少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、今では簡単にホームページを作る方法もあります。それからお店のターゲットがパソコンやスマホなどを利用しない高齢者に限定されていれば、ホームページを作っても効果は薄いかもしれません。

それでもホームページは全ての情報発信の核となるもっとも重要な存在だと思います。

飲食店経営者には、ぜひホームページを利用してもらいたいです。

SNS(フェイスブック、ツイッターなど)

SNSのそれぞれの特徴を細かく話すとむずかしくなってしまうので、他の媒体と比較した相対的な特徴を挙げてみます。

メリットは多くの人にとって手軽で使いやすいということだと思います。それから情報の鮮度も魅力ですね。空き時間に場所を選ばずに情報を発信したり、受け取ったりできる手軽さは、他の媒体に比べて群を抜いていると思います。

実際に多くのお店は更新作業がラクなSNSで最新情報を発信しています。お客様も気になるお店の最新情報はSNSをチェックしてる人が多いです。

次に拡散能力の高さですね。他の媒体はほぼ自分が見たらそれで終わりですが、SNSの場合は他の友達や知り合いに口コミ効果が発生します。

デメリットはお客様側もお店側も隙間時間に利用することが多いというメリットの裏返しで、一度に掲載する情報量が少ないこと。それから情報が時系列になっているので、見てもらいたい情報がすぐに他の情報で埋もれてしまう可能性が高いことです。

タイムリーな情報を扱うのに向いている媒体ですね。

ブログ

数年前まではホームページなんてアメブロがあればいらないよ!という風潮もありましたが、最近はめっきり影を潜めてきましたね。

アメブロに関して言えば、まだまだユーザーもたくさんいますし、SEOの効果もあると思うのですが、ただ他の低俗なサイトと一緒に見られやすかったり、広告がうるさくて見る気が失せたり、ブランディングの視点で考えると情報発信のメインで活用するのはおすすめできません。(ちなみに広告は有料で消せます。

アメブロ以外の他のブログにも同じことが言えますが、メリットは無料で利用できたり、更新が比較的にラクだったり、ブログ内にユーザーがたくさんいて閲覧される可能性も、自分で制作したブログより高いことなどが挙げられます。

ホームページと併用してあくまで補助的な役割で使うには良い媒体だと思います。

有料広告サイト(食べログ、ぐるなびなど)

掲載できる情報量やネット上での露出、予約システムなど、パソコンにあまり詳しくない人が短期間で効果を実感するには一番長けている媒体だと思います。

常に他の競合店と比較される前提にあるので、周辺地域の飲食店と比べて評価されることになります。つまり値段や立地条件などを判断基準としたお客様が集まってきます。そこを意識する必要があるかもしれません。自分の店がその判断基準で他店より勝っているかどうかがポイントになってきます。

他の媒体に比べて一定の集客効果は得られやすいと思うので、今現在は即効性のある有効な手段だと思います。一つ注意してほしいのは、それは広告掲載してお金を支払っている期間だけの限定的な効果だということです。

デメリットとしてはコストの高さですね。個人的な理想の利用方法を言えば、有料広告サイトだけに頼らず、並行して自社ホームページやSNSを育てて独自の集客ルートを築いて、徐々に広告に頼らない方向へシフトしていくと良いと思います。

※無料店舗登録で、お店の基本情報だけを無料で掲載することができます。やらないよりはやった方がいいのでおすすめします。(広告の営業電話がかかってくるようになるかもしれません。)

次回、紙媒体についてお話します。