アンケートも兼ねて顧客満足度アップ【好みのサービスを選べるクーポン】

飲食店の集客用販促アイデア4

お客様自身に好きなサービスを選んでもらう

お会計時に次回利用できる数種類のサービスから、お客様自身に一つ好きなものを選んでもらうクーポンを発行する。

「どんな販促がお客様に喜んでもらえるかわからない。」というお店におすすめする販促方法です。とりあえず思いつくものをいくつかピックアップして、お客様自身に好きなサービスを選んでもらいましょう。

例)【ランチも営業しているカフェ&バー】

  • 生ビール一杯無料サービス券
  • コーヒーおかわり無料サービス券
  • ランチのみ利用可能なデザート無料サービス券
  • ディナーのみ利用可能な前菜一品無料サービス券
  • 団体様(○○人以上)限定の10%割引サービス券
  • 6名様以上で利用可能なワインボトル1本無料サービス券

初めのうちはお店側が単純に思いつくサービスでもいいのですが、しばらくするとお客様の好みの傾向が見えてくると思います。

「誰もディナー限定のサービスは受け取ってくれないな。」とか「やっぱりデザートは女性に人気があるな。」など現状や問題点も浮き彫りになってきます。

このクーポンは、そのお店に通っているお客様の需要がわかる「アンケート」のような役割も果たしているんですね。通常のお店の業務や顧客満足度を高めるためにも利用できる一石二鳥な販促サービスです。

逆にお店側からも、ニーズを捉えながらサービス内容(お客様のメリット)を改善することで、ランチ客をディナー客につなげたり、団体利用してもらえるように促したりすることも可能になると思います。

販促のポイント

この販促は会計時にコミュニケーションが生まれて、そのお客様の好みを知ることもできるため、お店とお客様の関係性を築きやすくなります。お店の個性を出したユーモアのあるようなサービスを混ぜておくのもいいかもしれませんね。

集客のための販促アイデアについて、毎回同じことを言いますが、基本的にクーポン券の発行(割引サービス)などは頻繁に行ってしまうと、お店の成長に逆効果を与えてしまう可能性があるので、タイミングや時期、期間に注意が必要になります。

それをふまえた上で販促の参考にしてください。