真夏に開放的な気分のお客様を呼び込む【飲んだ分だけ次回無料】

飲食店の集客用販促アイデア6

生ビールを飲んだ杯数分だけ次回無料サービス券配布

8月の1ヶ月間は、飲んだ生ビールの杯数分だけ次回利用可能な無料券を配布するサービス

前回の年間スケジュールで漠然と「8月に生ビールを半額で提供する」という販促方法を書いて、少し補足のような感じで今回の記事を書きたくなりました。

単純に毎回半額だと利益が薄くて大変なので、2杯目は無料という形に変えたサービスです。

「実質的に半額だから結果的に同じじゃない?」と思われるかもしれませんが、8月中にもう一度再来店しないとお客様にはメリットがないので、ちょっとお店の負担が減ります。

お客様側の感覚としては、1度目の来店でたくさん無料券をもらって得をした気分と、その無料券を使わないともったいないと思って、1ヶ月間に2回以上来店してもらえる可能性が高まります。

お連れ様も利用可能な条件にしておけば、お酒をたくさん飲める人が仲間を連れてきやすくなります。

販促のポイント

お店のスタッフも「たくさん飲んだら、たくさんお得ですよ!」という雰囲気を出していきましょう。

集客のための販促アイデアについて、毎回同じことを言いますが、基本的にクーポン券の発行(割引サービス)などは頻繁に行ってしまうと、お店の成長に逆効果を与えてしまう可能性があるので、タイミングや時期、期間に注意が必要になります。

それをふまえた上で販促の参考にしてください。