飲食店の販促アイデア ~まとめ【最新版】~

飲食店の販促アイデアまとめ

現在、集客のアイデアを検討中の経営者の方に、必ず読んでもらいたい「販促アイデア」をまとめてみました。

販促方法を悩んでいる方は、事例も挙げていますので、是非参考にして下さい。

(2019年8月6日追記しています。)

飲食店の集客のための販促アイデア

「この暑さじゃお客様は来ない」といって集客をあきらめていませんか?

夏休み(お盆休み)に集客するための販促

ネタを溜めて、オリジナル販促をバンバン企画しましょう。

他店の販促アイデアを参考にしてオリジナルの販促を考える

梅雨、台風が多い季節の販促はこちら。

雨の日の販促(6月の梅雨の季節)

お店の看板メニューを再認識できる販促企画。

【お客様感謝企画の販促】人気メニューを揃えたオールスターコース

ランチや週末は集客に困っていないけど、平日の夜にもう少し集客ができればいいのに…。

平日の夜(ディナー)に集客するには

販促のアイデアに悩んでいる方は読んで下さい。イベントのない月はありません。

飲食店は母の日キャンペーンをしよう

飲食店だからこそできる販促があります。バレンタインデーもその一つです。

月のイベント販促で集客する方法【バレンタイン編】

ちょっとしたことでもお客様を感動させることができます。これが自然にできるようになれば繁盛店間違いなしです。

サプライズで喜ばせて口コミを狙う【お土産販促】

これからのトレンドになると思います。どの業界にも波が押し寄せている定額制の食べ放題モデル。「サブスクリプションって何?」と思った方は是非読んで下さい。

定額制で一ヶ月食べ放題の飲食店【サブスクリプションモデル】

飲食店が料理を食べてもらう以外の方法で収益を出そうと思った時に、一度は頭に思い浮かんだのではないでしょうか?

4つのメリットがある【飲食店の料理教室】

どんな飲食店でも出来る販促のうちの一つ「季節限定メニュー」は、商品力で勝負するのではありません。

季節限定メニューを作る理由は2つある

会員カードを利用した販促方法

常連のお客様を虜にする販促方法です。さらに他のお客様の紹介も見込めるアイデアです。

優越感を刺激して集客する【ランク会員カード】

人間は楽しいことをやっている人に集まります。どんな商売にも共通する鉄則です。

お客様を喜ばせて実はお店にもメリット満載【ビンゴ付き会員カード】

なんといっても経営を安定させるのには団体客(法人顧客)の確保が最重要事項です。

団体客のリピートを狙える【法人様限定特典】

「うちのお客は素材の価値をわかってないから…」なんていうのは怠慢ですよ!お客様を育てるのもお店の役目です。

お店のファンを育てながら集客【スタンプラリー式会員カード】

あなたのお店のターゲットはどんなお客様ですか?あなたのお店に来るお客様が笑顔になる事を考えましょう。

ファミリー層を集客できる【メンバー会員様限定のすごろく特典】

割引・クーポン系の販促方法

新規客から定期的に来店してもらう常連客になってもらいましょう

新規客をリピーターにする販促【次回予約割引】

お客様の行動パターンはある程度年代で決まってきます。それを狙って販促しましょう。

お店がヒマな時間に集客できる【年代別割引き】

好きなものにはお金を使ってしまう。それが人間です。

お酒好きのお客様が集まって客単価もアップ【プレミア酒を特別割引提供】

せっかく手間をかけて販促をするなら、一度でなるべく多く来店してもらえる工夫をしましょう。

一枚で2回来店したくなる【宝くじ抽選番号付きクーポン】

繁忙期の販促で一年の売上が決まると言っても過言ではありません。最大限の対策を施しましょう。

宴会客をシーズン前に獲得できる【宴会予約早割り特典】

季節による来店動機を捉えた販促です。夏はビールを飲みたくなるんです。

真夏に開放的な気分のお客様を呼び込む【飲んだ分だけ次回無料】

客単価によって常連のお客様の再来店(リピート)率は変わりますが、最低でも月に一回は来店してもらう努力をしましょう。

毎月通ってくれる常連客になってもらう【年間イベント掲載クーポン】

「自分のお店の強み」「お客様の来店動機がわかっていない」なんていうのは経営者失格です。わからなかったら直接聞きましょう。

アンケートも兼ねて顧客満足度アップ【好みのサービスを選べるクーポン】

「好き」ほど強力に人を繋ぐ感情は他にありません。人を集めるなら共通する「好き」を見つけるのが一番の近道です。

固定客を捕まえてリピート集客できる【○○ファン限定サービス】

小さくて席数の少ない飲食店には死活問題にもなりかねない「ピークタイム」だけにお客様が偏ってしまう問題。回避するアイデアは必須です。

ランチタイムを2回転させる【ピークタイムを外した時間帯割引き】

まずは積極的に地域活動に参加する。それが長年安定した経営をする商売の基本だと思います。

地域のお客様を集める【近隣の飲食店を巻き込んだイベント型クーポン】